Unique Fashion Design

レディースもののピアスをつけてよう|テンションアップ

バイクの積載量を増やす

バッグの選び方

オートバイ

バイクにおいて荷物を載せられる場所は限られています。多くのものを載せたいと思っても、そもそもスペースが足りなかったり、しっかり固定できないため落としてしまう危険があったり、バイクの操作が不安定になったりと、なかなか難しいのが実情です。そんなときに便利なのがシートバッグです。シートバッグとはバイクの後部座席にバッグを取りつけるものを指し、容量が大きく、取りつける場所が後ろの方であることからバイクの操作にもあまり影響しないため、積載量を増やしたいときにはとても便利です。シートバッグには様々な形のものがあります。選ぶ際にはまず、自分のバイクのサイズに合っているものを探す必要があります。荷物をたくさん載せるために大きすぎるものを選んでしまうと、前方の部分の重さが足りなくなって操作が不安定になることがあります。バッグの大きさが合っていないと乗り降りするときに足を引っかけてしまう危険もあります。また、シートバッグを選ぶときには仕切りやポケットがどのようについているか確認することも大切です。単純に容量が大きければ使いやすいということではなく、載せたいものによっては仕切りが多い方がいいこともあります。ほかにも、防水性が高いもの、大きなものを取りつけるためのベルトやコードがついているものなど、様々な機能があるので、よく比較して決めることが重要です。シートバッグを購入するときには、直接店舗に出向いて現物を見ながら決めるのが理想的ですが、通信販売などを利用して自宅で購入することもできます。直接お店に行く場合も、あらかじめ調べて比較しておくと、希望に沿ったものを見つけやすくなります。中古品であればとても安く買えるものもあるので、目的にあったものを選ぶとよいでしょう。

防水性のものを選ぶと便利

鞄の付いたバイク

シートバッグは長期ツーリングに行くことがある場合必須ともいえる装備です。大きな荷物を積むには必要不可欠で、ネットやロープなどを併用することでさらに積載量を増やすことができます。シートバッグを選ぶときのポイントは、サイズ、車体やサイドバッグとのバランス、防水性です。まずサイズについてですが、長期ツーリングに行くのならば大きめである必要があります。最も大きいサイズだと80リットル入るものもあります。このサイズならば、ネットなどを駆使すればキャンプ用の荷物を積むことも可能です。ただ、シートバッグが大きすぎると車体のバランスが悪くなり、コントロールに支障がでます。また、サイドバッグなしでは荷物が偏ったりずり落ちたりする可能性も高いので、取り付けられるか確認してから買うべきでしょう。サイドバッグがあればそこにも収納はできるので、サイズに関しては収納全体でみる必要があります。シートバッグはむき出しの状態でバイクに取り付けるものなので、防水性は重要です。雨の時にわざわざツーリングにでる人は普通いませんが、走っていて降られてしまうことはあります。そのような時に備えて、レインカバーを用意しておくか、防水性の高い素材にしておくのかよいでしょう。レインカバーをシートバッグとサイドバッグ、タンクバッグなどのすべてのバッグにつけるのは意外と面倒ですし、風の影響も強くなるので防水性が高いものだと便利です。これらのポイントをふまえて、実際に店員と相談しながら購入するのがおすすめです。

基本的なメンテナンス

カバン

二輪車では荷物の収納スペースが自動車のように広くないために、通常はリュックで背負うなどして身体に負担となることもあります。しかしシートバッグがあれば、直接二輪車に取り付けることが可能なため、身体に負担なく荷物を収納することが可能です。それゆえに二輪車でのお出かけの際には、シートバッグは大活躍してくれるアイテムです。なので、より長く快適に使用し続けるためにも、それなりのメンテナンスなどを施して、大切に扱いたいものです。シートバッグのメンテナンスの基本としては、着脱が可能であるため、使用しない場合は取り外して室内に保管するようにしましょう。これは、野外だと風雨や気温の差などの厳しい環境にさらされることを避けるという意味もあります。また、それと同時に盗難やいたずらなどを防ぐという意味もあります。また保管場所に関しては、シートバッグの素材などによっても異なります。しかし、やはり通気性が良く、直射日光や空調などに直接当たらない場所が良いでしょう。そういった場所ならばどのような素材のものでも、劣化しにくくカビも出にくくなります。ちなみに素材で特に注意したいのはレザーです。レザーの場合は、他の素材よりも念入りにメンテナンスが必要です。その理由として、レザーや劣化によってひび割れなどが生じやすい傾向にあるためです。それゆえに専用のクリームを塗って拭き取るといった作業なども必要となります。また二輪車だとどうしても雨の問題があるため、防水性のものは別ですが、そうでないものは濡れた後のメンテナンスも重要です。