Unique Fashion Design

レディースもののピアスをつけてよう|テンションアップ

バイクの収納について

使用目的を明確にする

バイクの後部座関

バイクのアクセサリーとして欠かせない物の一つが、収納用のバッグやケースの類です。中でも利用する人が多く、種類も豊富なのが、シートバッグと呼ばれるタイプです。このシートバッグは、多くは後部座席に取り付けるもので、比較的容量が大きく、ツーリングやキャンプにも対応できるのが魅力です。そして、シートバッグを選ぶ際には、第一にメインの使用用途をはっきりさせることが重要です。それというのも、前述のようにシートバッグには様々な大きさやタイプがあるため、きちんと目的に合った使い方をしないと逆に不便を感じることもあり得るからです。例えばバイクキャンプに使いたいなら大型で収納ポケットが多いもの、あるいは長距離移動やツーリングのためなら防水性能があるものというように、何に一番良く使うかを考えると失敗しにくくなります。そしてもう一つ、自分のバイクとの適合やバランスなど「積めるかどうか、積んでも安定しているかどうか」も確認してから選びましょう。特に小さめのバイクの場合、シートバッグが大きすぎて安定を欠く状態は危険ですから、そうした場合はサイドバッグやリュックを併用するなどする工夫をするのがベストです。また、シートバッグはバイクにとってはアクセサリーの一つですから、上記の使い勝手の他にも、デザインやコーディネートにこだわって選ぶとさらに楽しみが増やせます。快適なバイクライフのためにも、たくさんのシートバッグを比較して、最適な品を見つけることが大切です。

快適に使用できるものを

オートバイ

バイクや自転車での移動となると、どうしても荷物がかさばってしまうこともよくあることです。リュックだけでは収納しきれなかったり、無理やり荷物をリュックに詰め込みすぎて、その重さで肩や腰に負担になることもあります。そのような問題を解消してくれるのがシートバッグです。シートバッグは、バイクや自転車に取り付けることができるタイプの収納バッグではありますが、リュックと違って身体に負担になることはありません。しかも素材やデザイン、サイズなども豊富であり、機能などもさまざまなタイプが存在しています。それゆえに価格としてもばらつきが激しく、格安のものならば1000円以下で購入できるものから、高額なものでは数万円程度と差が激しい傾向にあります。特にシートバッグの素材やサイズによって価格は変動しています。基本的に高性能かつ機能が高くなればなるほど、当然ながら価格も上昇しています。またどちらかといえばバイク用のシートバッグの方が強度も高い傾向にあるため、自転車用よりは高値な価格となっています。そんなシートバッグですが、必ずしも高額で高機能なものならば良いというわけではないのです。なので、自分の愛車に合うかどうかといったことが一番重要なポイントとなります。それゆえに車種別で専用のシートバッグが市販されているようならば、それを選べばまず間違いや問題は発生しません。しかしながらすべての車種のシートバッグが市販されているわけではないので、そういった場合は対応車種を確認したり、もしくは試着するなどして、快適に使用できるかどうかを確認するようにしましょう。

素材や大きさはそれぞれ違う

男の人

シートバッグは、バイクの積載量を増やすのに重要なアイテムです。車と違い、バイクの積載量は、そのままの状態だとかなり少ないものです。そのため、運転手がバッグを身につけたり、バイクにバッグをつけたりして積載量を増やす必要があります。積載量を増やすためには、サイドバッグ、タンクバッグ、シートバッグなどが一般的で、その中でも最も積載量が多いのがシートバッグです。リヤシートの上につけるもののため、かなりの重量を乗せることができます。タンデムはできなくなりますが、そのかわりかなりの量をつめます。キャリアのものならばシートバッグを取り付けた上で人を乗せることもできます。シートバッグは素材や大きさで違います。主な素材としては、布、革、樹脂などがあり、樹脂製のものはハードケース状になっていることも多いです。また日帰りや日常のツーリングに使える少量のものから、長期ツーリングや泊まりの旅行に使えるような大容量のものもあります。おすすめは、サイズが可変のものです。ジッパーなどでサイズが変えられるのならば、不要なときは小さくしておくことができ、たくさん積む必要があるときは大きくできます。ポケットが多く様々なものが入れられるものも良いでしょう。また、防水性も考えて選ぶのがおすすめです。防水性のある素材を選んでもよいですし、レインカバーを別途用意してもよいでしょう。革製のものは水に弱いので、レインカバーは必須です。